月別アーカイブ: 2017年8月

主人の祖母のお葬式のために

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

昨年の五月、主人の祖母が他界しました。

祖母は長年認知症を患っていたそうで、有料の老人ホームに住んでおりました。
私は主人と結婚してもうすぐ7年ですが、主人の祖母にお会いしたことは一度しかありません。
そのときは既に認知症だったため、私も息子も誰だか分からなかったでしょう。

主人の祖母は、突然亡くなったわけではありません。
肺炎をきっかけに徐々に衰弱して亡くなりました。
そのため、亡くなる約一ヶ月前から礼服の準備をするようにと、姑に言われていました。

私は喪服を持っていますが、主人は礼服を持っていなかったため買いに行きました。
そのとき丁度近くに紳士服のアオキがオープンしたばかりでした。

姑がお金をくださり、オープンセールで安く6万くらいで購入しました。
お直しは数日かかったと思います。

私は主人の礼服を買ったときに、自分もパールのネックレスを買ったほうがいいのではないかとふと思いました。
恥ずかしい話、それまでパールのネックレスもピアスも本物は持っていなかったのです。

母に相談すると、買ったほうが良いといわれましたが悩みました。
ジュエリーショップを何件か見て回ったところ、ネックレスだけで少なくとも4万円以上したからです。

収入のない私にとっては、非常に高価なものでした。悩んだ末、思い切って私は姑にお金を貸してくれないかと頼みました。

離婚家庭で一人暮らしをしている実家の母には、とても数万円貸してほしいとはいえなかったからです。

幸い姑は快く2万円ほど貸してくださいました。
もちろん2万円では足りないので、あと3万円ほど自分でお金を足しましたが、5万円でもピアスとセットのものを探すのには時間がかかりました。

私にとって、5万円の出費は大変痛いものでしたが、葬儀のとき同年代である主人のいとこたちは、皆パールをつけていたので良かったです。

主人は直系の長男であるため、嫁である私が恥ずかしい格好をするわけにはいきません。

後々調べてみると、安い質の良い喪服がネットで買えるじゃありませんか。この先買いなおす機会があれば、ネットで買おうと思います。