おすすめ投稿

コーヒーへのこだわり

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

Espresso & Bar LP では、『くつろぎのひととき』や『楽しい語らい』、そして『味の良さ』を楽しんでいただけるように、他のカフェとは一線を画すサービスでお迎えしております。

当店はジャグリングやラテアートでもお客さまが『見て楽しめる』お店です。
注文を受けてから、1杯ずつ淹れるカクテルやコーヒーをカフェのような空間で、ひと味違う空間を是非楽しんで下さい。

ラテアート体験

カフェオープンに備えカフェ・ラテの作り方や、ラテアートを本格的習得してみませんか?カフェバーで楽しくカフェ・ラテを学べる【ラテアート・スクール】を開講しました。ラテアートを体験したい方もお気軽にどうぞ♪

内容

お客様お一人ずつラテアートのカフェラテを作る作業を一通り体験していただきます。お一人ずつバリスタがサポートしながらの作業となりますので初めての方でもハートやリーフのラテアートが描けちゃいます!

 

ラテアートとデザインカプチーノの違い

一緒と思われてしまうことも多いのですが、実はまったく違うものなんです。

デザインカプチーノ

デザインカプチーノは、エスプレッソにミルクを注ぎ、こんもり盛り上がった泡の上に楊枝などを使ってエスプレッソを付着させ、 動物や人の顔などを描いて表現したものだそうです。

ラテアート

ラテアートは、エスプレッソにきめ細かく泡立てたフォームドミルクをピッチャーから注ぎながらハートやリーフ(ロゼッタとも言います)の模様を作ります。
注ぐことに技術が必要となるので、ラテアートの方が断然難しいということが
お分かりになると思います。

ラテアート教室について

Espresso&Bar LPでは、ラテアートを自分で描いてみたい方の為に【ラテアート・教室】を開講しました。気軽に体験してみたい方や、ラテアートを本格的に習得したいお客様まで幅広く受け付けております。
お客様にはカフェ・ラテを作る作業を一通り体験していただきます。お一人ずつバリスタがサポートしながらの作業となりますので、初めての方でもハートやリーフのラテアートが描けちゃいます!

私が鹿児島の脱毛サロンで脱毛して日々の生活を楽にしたいと思う理由

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

身体で脱毛したい部分は3か所あります。

まずは、ワキです。
水着を着る時は勿論ですが、普段の生活でもワキのムダ毛は気になります。
なので、2日に1度は処理しなければならないのがすごく面倒です。
また自身で処理する際、剃る時の角度が難しく、全体が見えないので、綺麗に処理出来たかどうか分かりません。
全て処理したつもりでいても、1-2本の剃り残しを、プールや温泉で見つけた時は、かなりショックです。
私は視力が悪いので、恐らく他の方よりも苦労していると思います。
気を付けて処理しても、残っている事が結構あります。

それから、ひざ下部。私はジーンズをはくことが多いので、ワキほど頻繁に処理はしていません。
なので、スカートをはきたくなった時とか、泳ぎに行く時に慌てて処理することが多いです。
それほど濃い訳でもないし、普段から定期的に行ってない為、突然そのような状況になっても、事前処理を忘れてしまう場合が結構有ります。
そして出掛けた後、忘れたことに気付いた時は、隠す事が出来ない部分だけに、かなり悲惨な気持ちになります。

そして一番重要なのは、デリケートゾーンです。
水着を着る時は勿論ですが、普段の生活でも、毛量が少ない方が衛生的だし、処理されていた方が見た感じが清潔なので、処理するようにしています。
女性のデリケートゾーンを見て、どの位の男性が気にするかどうかは分からないですが、私自身は見た目がすっきりしていた方が良いと思っています。

ただ、この部分も、かなり頻繁に処理しなければならないので、とても面倒ですし、
綺麗に処理するのが難しいです。
見えない部分だけに、時間がないと先延ばしになり、場所的にもシャワー時にする必要があり、気分的なプレッシャーになります。

毛抜きで抜けば良いと思い、やり始めた事が有ります。
でもネット検索したら、毛抜きは危険という情報が沢山あり、数日で辞めました。
眉毛は抜いたら出てこないけど、他の場所のムダ毛は、毛抜きで抜いてもまた生えてくるし、更に、今までよりも濃い毛になる、とありました。
また、普通に生えてきたらまだましで、埋没毛と言って、再度生えた毛が、外に出てこないで体内にそのまま残ってしまう、という怖い情報も有りました。

こんな事から脱毛はすごくやりたいのですが、残念ながら私事情で、まだ出来ていません。金銭的な問題があるので、やはり安い脱毛サロンから始めてみたいと思います。≪私が参考にしているサイト:脱毛鹿児島市

熊のように毛で覆われている私の身体

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

私は、腕も足もお腹もまるで熊のように毛で覆われています。
小学生の頃から、毛深いかも?と思っていたのですが、人より背も高かったので、成長が早いだけだろうと思っていました。

学生時代は、成長が・・・でとなんとか自分に言い聞かせてきていたのですが、社会人になり、25歳を超えた頃から一気に毛の量が多くなりました。あれ?っと思った時には遅かった・・・今思う正直な気持ちです。
特に季節によって着るものなどで、テンションが変わってしまいます。

冬は長袖、長ズボンで隠れているので、そこまで気にならないのですが、夏はもう地獄です。
周りの人は気にしないと言ってくれているのですが、嘘だと思い込んでしまい、半袖を着ればみんなが指を指して見ているような気がします。
子供とプールや海に行くのもラッシュガードを着ないと恥ずかしくて行けません。

じゃあ処理すれば?と言われることもあるのですが、処理なんてとんでもないです。腕毛やすね毛はまだいいのですが、お腹の毛に関しては、剃った次の日からジョリ・ジョリとしてきます。
若い頃はそれでも毎日の習慣にしていたのですが、あまり剃りすぎると今度は肌が荒れてきてしまいます。常に赤くかぶれたようになり、痛みも伴います。

正直全身脱毛も考えました。
でもテレビで私と同じくらい毛深いタレントさんが、全身脱毛をしようとしたら、数千万かかると言われたと言っていたのを聞いて、撃沈・・・。でも諦めきれず三宮(私が住んでいる神戸の三宮です)の脱毛サロンのことを調べていると、思ったより高くない?三宮で全身脱毛したい!

もちろん、自意識過剰で、思い込みが激しいだけというのも理解はしているのですが、一度考え出してしまうと止まらなくなってしまいます。
今では、夏でも冬でも季節関係なく、長袖、長ズボンを着用し、旅行に行ったとしても、大浴場には入らずに部屋風呂だけにしています。
歳を重ねていけば気にならなくなるよと言ってくれる人もいるのですが、35歳を超えてもまだその域には達していないようです。
今は、自分の行動範囲が狭くなり、不自由な思いもしていますが、歳を重ねて気にならなくなる日が来るまで我慢していようと思っています。

主人の祖母のお葬式のために

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

昨年の五月、主人の祖母が他界しました。

祖母は長年認知症を患っていたそうで、有料の老人ホームに住んでおりました。
私は主人と結婚してもうすぐ7年ですが、主人の祖母にお会いしたことは一度しかありません。
そのときは既に認知症だったため、私も息子も誰だか分からなかったでしょう。

主人の祖母は、突然亡くなったわけではありません。
肺炎をきっかけに徐々に衰弱して亡くなりました。
そのため、亡くなる約一ヶ月前から礼服の準備をするようにと、姑に言われていました。

私は喪服を持っていますが、主人は礼服を持っていなかったため買いに行きました。
そのとき丁度近くに紳士服のアオキがオープンしたばかりでした。

姑がお金をくださり、オープンセールで安く6万くらいで購入しました。
お直しは数日かかったと思います。

私は主人の礼服を買ったときに、自分もパールのネックレスを買ったほうがいいのではないかとふと思いました。
恥ずかしい話、それまでパールのネックレスもピアスも本物は持っていなかったのです。

母に相談すると、買ったほうが良いといわれましたが悩みました。
ジュエリーショップを何件か見て回ったところ、ネックレスだけで少なくとも4万円以上したからです。

収入のない私にとっては、非常に高価なものでした。悩んだ末、思い切って私は姑にお金を貸してくれないかと頼みました。

離婚家庭で一人暮らしをしている実家の母には、とても数万円貸してほしいとはいえなかったからです。

幸い姑は快く2万円ほど貸してくださいました。
もちろん2万円では足りないので、あと3万円ほど自分でお金を足しましたが、5万円でもピアスとセットのものを探すのには時間がかかりました。

私にとって、5万円の出費は大変痛いものでしたが、葬儀のとき同年代である主人のいとこたちは、皆パールをつけていたので良かったです。

主人は直系の長男であるため、嫁である私が恥ずかしい格好をするわけにはいきません。

後々調べてみると、安い質の良い喪服がネットで買えるじゃありませんか。この先買いなおす機会があれば、ネットで買おうと思います。

毎月の引き落とし額を把握できない

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

都内のキャバクラに勤める26歳です。私は自分の浪費癖に悩んでます。クレジットカードや自動引き落としでの支払いをすることが多いので、気が付いたら通帳の残高が残っていないということが多々あります。

毎月の引き落とし(家賃や自動車保険)のほかに、2か月に1回の引き落とし(水道料金など)もあり、今月何が引き落とされるのか自分でも把握できていません。

年度の変わり目には自動車税や家賃の更新費の請求が突然来ることもあり、すべてを期限内に支払うのが難しくなることもあります。現金が足りなくなったとしてもクレジットカードが使えるので食うに困るということはないのですが、貯金が現状全くできていないので将来に不安を抱えています。

事前に支出総額を計算したうえで今月遣える金額や貯金する額を管理をすれば解決する問題だと思います。特に、今ボーナスの無い給与形態の会社で働いているので、毎月の節約が大切になってくるのです。しかし、少しお金が余ると洋服などの買い物に使ってしまい、結局残高は毎月0に近いものになってしまいます。

自分では原因も対策も分かっているのですが、その時財布にあるだけ使ってしまう浪費癖を治せずにいる状況です。

もし引き落としされる金額が口座に残っていなかった場合、引き落としができなくてもダメージがない料金から優先して、引き落としできないように口座の残金を抜きます。

クレジットカードの引き落としは、できなかった場合負の信用情報として記録されてしまうので絶対に支払いできるようにします。

逆に、家賃や公共料金は1か月引き落としができなかった場合でも後払いが利く場合がほとんどなので、そういった料金が引き落とせないように事前に口座から現金をすべて引き出します。

毎月の給与額は事前に把握ができるので、現金が足りなくなった翌月は外食や買い物を減らして多めに現金を確保するようにしています。どうしても困ったら借入するしかありません。水商売の私でも貸してくれるところはあるので助かっています。(※参考:水商売借入

今のところブラックリストや役所からの督促状が来たことはないので、人様に大きな迷惑をかけるレベルまではいってないのかなと考えていますが、今後のことを考えると月の支出予定くらい自分で把握するようにしないといけないなと言い聞かせる日々です。

貧乏大学生の金欠の話

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

私は現在大学生で一人暮らしをしています。生活費は月に1度の親からの仕送りで賄っています。それなので毎月月末はお金に困っています。毎月毎月、月末までお金を使いすぎないように気をつけながら生活をしているのですが上手く行きません。お金を借りる学生もたくさんいる時代ですが、もう少し耐えてみようとおもいます。

付き合いで飲み会に参加したり、学校で必要な道具を購入したりと避けられない出費から流行りの服を買ったり、休日に旅行に行ったりと後で後悔する出費など様々な理由から毎月毎月お金を使い過ぎてしまいます。それに加えて食費、光熱費、家賃、などの生活費も払わなければなりません。アルバイトをして生活費の足しにしたいのですが学校の課題やレポートなどがあり授業時間外も学校にいることが多くなかなか時間を確保できません。

私自身は学生の仕事は勉学に勤しむ事だと思っているので、休日は家でゆっくりしたいです。貧乏暇なしという言葉があるようにお金がないくせに休むなと思うかもしれませんが、毎日休み無しに学校やアルバイトに言っていたら倒れてしまいます。

仕送りの額が足りてないのではと思う方もいるかもしれません。確かに周りの一人暮らしをしている友人に比べたら仕送りも少ないし、住んでいる部屋等の生活レベルも低いと思います。ですがあくまでも他所様の家庭の事であって私の家庭とは事情が違います。

私の家庭は無理言って大学に通わせてもらっている身で、金が足りないなんて偉そうなことはとても言い出させません。父親が必死で汗水たらし稼いできてくれた給料に文句は言えません。このように生活にギリギリの大学生は少なくないと思います。特に地方出身の都会の私立大学に通う学生に顕著に見りる傾向だと思います。

中には奨学金を借りる人や借金をする人もいると思います。私自身は努力して国立大学に受かったので学費の面ではそれ程不自由しておらず、奨学金も借金もありませんが私立大学に行って奨学金を借りている友人は少なくありません。それゆえ私を含め大学生は常にお金に困っています。

病気になり仕事ができない

Published / by nodokawaku / Leave a Comment

私は現在27歳で結婚していますが子供はいません。嫁は最近手術を行っており現在どちらも実家で暮らしています。

私は現在理学療法士として働いているのですが病気になり仕事ができない状態です。なので収入がストップしてしまい、現在お金に困っています。2度目の病欠となっており傷病保険ももらえない状態なので収入は現在0円です。

特に車のローンや専門学校に行くために銀行から借りていた教育ローンに困っており、他にも厚生年金や社会保険や生活費など全て含めて月12万円ほど必要となっています。

またタバコも吸っており、これも月2万円ほど使っています。

これらの支払いは月末に全て支払われるようになっているため今現在お金をかき集めている状態です。税金が支払えないんじゃないかと思うくらいお金に困っています。

※参考サイト・・・税金が支払えない…。お金が無くて払えない時の対処法

実際にどうしているのかというと今まで自分と嫁で貯めてきたお金が30万円ほどあるので現在はそれでなんとかなっています。

しかしそれだけでは時間の問題と判断し、自宅で自分ができる範囲の副業がないか探したところこういったクラウドソーシングの仕事を見つけました。また実家が自営業なので実父の手伝いをしつつお小遣いを貰っている生活となっています。

他にも信頼できる友人や親に事情を話し、お金を借りられるような状態を作っています。なので自力でできる部分はどうにかしつつ足りなかった場合はお金を借りようと考えています。

他には専門学生の時もお金に困っており、その時は社宅に住んでいたため家賃や生活費に主に困っていました。

家賃や生活費はギリギリ親からの仕送りでまかなえたのですが友達と遊びに行ったりする頻度も多く、実際はすぐにお金が底を尽きてしまうような状態でした。

医療専門学校だったため課題や研究に追われる日々でストレス発散で遊びに出ていたこともあり、アルバイトする時間はありませんでした。

このころの彼女は近くの病院でで看護師として働いていたため食事を持ってきてもらったり、お金を少し貰ったりして生活していました。